カテゴリー別アーカイブ: 601Thailand

No.7437 MAMA (Thailand) Sen Mee Moo Nam Tok

No.7437はタイのThai President Foods、MAMA Sen Mee Moo Nam Tok。タイ語で書くとมาม่า เส้นหมี่กึ่งสำเร็จรูปรสหมูน้ำตก。17年ぶりの試食。

センミーは細い米粉麺(ビーフン)、ムーは豚、ナムトックは血の入ったスープのこと。だがMAMAブランドから米粉麺や中華麺で沢山の種類が出ている即席ムーナムトックには原材料として豚の血を使っておらず、あくまで色と匂いで生臭さを表現しているもの。

万人に勧められる料理だとは言い難いが病みつきになる人も多く、次回タイへ行く際は屋台で実際の血入りのムーナムトックを食べたいと思っている。

続きを読む No.7437 MAMA (Thailand) Sen Mee Moo Nam Tok

No.7385 Nissin Foods (Thailand) Thai Signature Stir Fried Curry Sea Crab

No.7385はタイのNissin Foods Thailand、Thai Signature Stir Fried Curry Sea Crab。タイ語表記は ไทย ซิกเนเจอร์ รสปูทะเลผัดผงกะหรี่となる、らしい。Signatureシリーズという名は既にシンガポールのTat Hui Foods、KOKAブランドが使っているので二番煎じという感もある。

日本向け仕様のため日本語表記もあり、そこには「プーパッポンカリー味焼そば」と記されている。だが作り方の説明では鍋で麺をゆでて湯切りをした後にソースを絡めるという手順が示されていて、実際に焼くという工程は含まれない。

続きを読む No.7385 Nissin Foods (Thailand) Thai Signature Stir Fried Curry Sea Crab

No.7375 Nissin Foods (Thailand) Thai Signature Tom Yum Shrimp Creamy Soup

No.7375はタイの日清食品、Thai Signature Tom Yum Shrimp Creamy Soup。タイ語表記はไทย ซิกเนเจอร์ รสต้มยำกุ้งน้ำข้นとなる(らしい)。タイの普及価格帯即席麺としては珍しい、麺を鍋でゆでて作るタイプの製品。タイで製造された製品だが、裏面の作り方説明などは日本語化されている日本向け輸出仕様。

近所のスーパーで売られていた品なのだが場違いな印象が強く、いつ見ても同じ量が残っていて、売れ行きはあまり芳しくないように思われた。一般の人は簡単には手を出さないだろうから、タイ料理フェア等に合わせた販売でないと厳しいのではないか。

続きを読む No.7375 Nissin Foods (Thailand) Thai Signature Tom Yum Shrimp Creamy Soup

No.7357 YumYum (Thailand) Instant Bag Noodles Green Curry Flavour

No.7357はタイのWan Thai Foods Industries、YumYum Authentic Thai Style Instant Bag Noodles Green Curry Flavour。タイ語ではยำยำ รสแกงเขียวหวาน、繁体中文は養養牌泰式青咖喱湯麵。同社のAuthentic ThaiシリーズとAsian Cuisineシリーズはデザインが似ており、後者の黄緑色パッケージは野菜味なので要注意。

同社は味の素が出資して即席麺事業に参入、1973年よりYumYumブランドを立上げた。カップ版Green Curry FlavourをNo.5639で紹介している。

続きを読む No.7357 YumYum (Thailand) Instant Bag Noodles Green Curry Flavour

No.7345 Nissin Foods (Thailand) Thai Signature Stir Fried Spicy Lobster with Kapi & Dried Chili

No.7345はNissin Foods Thailand、Thai Signature Stir Fried Spicy Lobster with Kapi & Dried Chili。辛口エビ焼そば。タイ語だとไทย ซิกเนเจอร์ รสกุ้งมังกรผัดกะปิพริกแห้งとなる。タイの日清食品がパッケージを日本語化して生産した製品。

焼そばといっても麺をゆでた後に湯切りを行なうので実際には焼かない。スプーン一杯分を残して湯切りしろ、というのは三養ブルダック以降世界中に蔓延している作り方だが、残す量の調節が難しいので私は苦手。今回も水分過多でベチャベチャになっちゃったよ。

続きを読む No.7345 Nissin Foods (Thailand) Thai Signature Stir Fried Spicy Lobster with Kapi & Dried Chili

No.6890 YumYum Jumbo (Thailand) Pad Kee Mao

No.6890はタイのWan Thai Fodos Industry、YumYum Jumbo Pad Kee Mao。タイ国内では味の素が販売する汁なし麺。Pad Kee Mao(パッキーマオ)はタイ語での読みを表記したもので、英語での説明書きはThai Hot & Spicy with Basil Leaf Stir-Fried Noodles。タイ語だとยำยำ จัมโบ้ แห้ง รสผัดขี้เมาとなる、らしい。(赤字部分がパッキーマオと発音、Phat Khi Maoとも表記することもある)

▲初めて食べたPad Kee Mao

初めてこの製品を食べたのは三十年ほど前でまだ海外製即席麺の免疫が少ない頃。バジルと唐辛子が豪快に効いた味に度肝を抜かれ、タイの食べ物に俄然興味が沸いたのだった。

続きを読む No.6890 YumYum Jumbo (Thailand) Pad Kee Mao

No.6830 MAMA (Thailand) Instant Rice Noodles Creamy Tom Yum Flavour

No.6830はタイのThai President Foods、MAMA Instant Rice Noodles Creamy Tom Yum Flavour。タイ国内向けには無いデザインの北欧向け輸出仕様である。米粉を使った幅広の乾燥麺であり、ウチにおけるカテゴリーとしてはビーフンではなくフォーに分類した。

ラーメンにおけるMAMAのクリーミートムヤム味は(Creamyという甘い言葉とは裏腹に)激烈なキレる辛さでいつも涙と鼻水まみれの試食となるのだが、これが輸出仕様だと辛さがだいぶ穏やかになるようにデチューンされている。なので今回の品も決して我慢を強いられる食べ物ではないのでは?と期待した。

続きを読む No.6830 MAMA (Thailand) Instant Rice Noodles Creamy Tom Yum Flavour

No.6766 Nissin Foods (Thailand) Leng Sabb Flavour Bag Type

No.6766はタイの日清食品、Leng Sabb Flavour Bag Type。タイ語表記はนิสชิน (=Nissin) รสเล้งแซ่บであり、英文による味の説明はSpicy Green Chili Flavourとなる。パッケージの絵や写真を見ると青唐辛子と柑橘系の刺激があるポーク味ということらしい。

タイ日清のスタンダートシリーズに属する製品で、袋版で他の味はカップ版でも販売しているのだが、このLeng Sabb味はカップ版には無く袋版のみに存在する。二年前にバンコックへ行った時は遭遇できず、今回の品はオーストラリアで見つけたもの。ネット上の情報も少なく、入手性にやや難があるのかもしれない。

続きを読む No.6766 Nissin Foods (Thailand) Leng Sabb Flavour Bag Type

No.6687 PAMA (Thailamd) Kua Teaw Segera (for Malaysia)

No.6687はタイのThai President Foods、PAMA Kua Teaw Segera。PAMAは漢字で「爸媽」と書き、マレーシアで販売される米粉で作られたビーフン。YouTube動画のタイトルでは誤って社名をPresident Rice Productと書いてしまったが、ここは2017年10月に親会社であるThai President Foodsに吸収されていた。PAMAは同社がマレーシア向けブランドとして企画された米粉麺専用ブランドであり、Intel Streams社を輸入代理店とする。この辺の国際的な関係は極めて複雑かつ流動的で、直接関わらない国の者にとっては極めて判りにくい。

続きを読む No.6687 PAMA (Thailamd) Kua Teaw Segera (for Malaysia)

No.6582 WaiWai (Thailand) Sour Soup Flavour

No.6582はタイのThai Preserved Food Factory、WaiWai Instant Noodles Sour Soup Flavour。英語とフランス語による記載文の輸出用パッケージ。どこにもTom Yumの文字は見当たらないが、同社のWebサイトでの説明にはTom Yum Flavourと明記されている。

調理例写真を見ると版ズレを起こしていたり、肝心のラーメンのピントがボケていたりで写真ぐらいアップデートすりゃいいのにと感じてしまうよ。全体的に見ても何かと古めかしいデザインのパッケージなので、味にはあまり期待せずに試食に臨んだ。

続きを読む No.6582 WaiWai (Thailand) Sour Soup Flavour