カテゴリー別アーカイブ: 602Taiwan

No.7459 維力食品工業 (Taiwan) 一度贊 番茄牛肉麵

No.7459は台湾の維力食品工業、一度贊 番茄牛肉麵。一度贊はレトルトの肉塊入り高級袋麺シリーズ。番茄はトマトのことで、牛肉のトマト煮込み麺。購入価格は45TWD(約210円)で袋麺としては高いが、レトルトの具が付いていると思えば妥当だろう。

統一の滿漢大餐、味丹の味味一品、臺灣菸酒TTLといった他社のレトルト付き袋麺も同じような高価格だが、全てが作る際に鍋でゆでる方式に加えて丼お湯入れ方式もサポートしている。余所者の素人考えだが、丼お湯入れ方式を外して鍋でゆでて作るのみに絞れば麺質をもっと良く出来るだろうと思うのだ。だがそれをしないのは、台湾では丼お湯入れ方式が深く根付いているからだろう。

続きを読む No.7459 維力食品工業 (Taiwan) 一度贊 番茄牛肉麵

No.7455 維力食品工業 (Taiwan) 大乾麵 紅油擔擔風味

No.7455は台湾の維力食品工業、大乾麵 紅油擔擔風味。丼お湯入れ方式で湯戻ししたのちに湯切りを行なう汁なし麺。戻し湯を使って飲用のスープを作る。「擔擔」は日本の漢字で「担担」、紅油は(たぶん)ラー油のことで、辛い汁なし担々麺だね。

購入価格は17TWD、日本円で約80円弱。台湾製品の中でも気軽に買える大衆的な製品。日本と比べて台湾の即席麺は、特売品を除けばコンビニとスーパーであまり価格差が無く、また単品売りと五個パックでの(一個当たりの)価格差も少ない。安売りの店舗を捜し回るよりも、目の前で売られているものをサッサと買う方がストレスが少なそうだ。

続きを読む No.7455 維力食品工業 (Taiwan) 大乾麵 紅油擔擔風味

No.7454 味丹企業 (Taiwan) 味味A 香辣牛肉湯麵

No.7454は台湾の味丹企業、味味A 香辣牛肉湯麵。この製品はKALDIで売られていた北米向け輸出仕様(バーコードがUPC)を2017年に試食している。

▲味丹の香辣牛肉湯麵、北米向け輸出仕様(2017年)

私は、一度紹介した製品は大きな変更がない限りその後10年間は取扱わない、という掟を設けており、今回の品も本来ならばパスするところだが、製品の質量等の数値などが微妙に異なり、もしかして中身は別物かも?という疑念が湧いたので購入した。そして開封して中身を見ると、粉末スープや調味油の小袋は7年前の北米向け輸出仕様と全く同じように見える。

仕向け先に応じて中身をローカライズするか否かは国や企業毎に異なり、これを調べるのも私の活動テーマの一つである。

続きを読む No.7454 味丹企業 (Taiwan) 味味A 香辣牛肉湯麵

No.7453 臺灣菸酒TTL (Taiwan) 台酒麵攤 酒燉排骨風味湯麵

No.7453は台湾の臺灣菸酒(Taiwan Tobacco and Liquor)、台酒麵攤 酒燉排骨風味湯麵。製造は維力食品工業。今まで様々な同社の製品を紹介してきたが、今回の品は初のレトルト肉塊が付かないもの。従来通り料理酒は付いているが、片翼を失った鳥のようなものではないのか?

もちろんその分低価格になっており、レトルト肉塊付きの製品が50~55TWDぐらいの販売価格なのに対し、今回の品は25TWD(約116円)なので半額程度になっている。ということは、レトルトの肉塊が25TWDぐらいするのかな。なおこのレトルト肉塊無しお買い得シリーズを置いてある店舗は多くなく、まだ出たての品なのかも。

続きを読む No.7453 臺灣菸酒TTL (Taiwan) 台酒麵攤 酒燉排骨風味湯麵

No.7450 維力食品工業 (Taiwan) 維力原祖 牛肉風味麵

No.7450は台湾の維力食品工業、維力原祖 牛肉風味麵。維力原祖シリーズには姉妹品として「雞汁風味麵」もある。9TWD(約42円)という台湾製即席麺としては最安クラスの製品であり、パッケージに描かれた牛のかわいいイラスト(チキン味は黄色いひよこ)からしても、これは子供向けの製品だと思っていた。

しかし重量は70gあり、これは台湾の安い即席麺としては決して少ない量ではない。そして粉末スープだけでなくちゃんと調味油が付いているところからも、決して子供向けに手を抜いている製品ではないように思えてきた。但し牛肉味の製品なのに調理例写真で卵を落としているのには若干の違和感を感じるが。

続きを読む No.7450 維力食品工業 (Taiwan) 維力原祖 牛肉風味麵

No.7449 味王 (Taiwan) 香菇肉焿湯麵

No.7449は台湾の味王、香菇肉焿湯麵。椎茸と豚肉のとろみスープ麺。カップ版を2015年に紹介しているが、袋版を食べるのは今回が初めて。

▲カップ版の香菇肉焿湯麵(2015年)

同社サイトには細かな会社沿革が載っており、創業当初は味の素のような化学調味料の会社だったのが、1970年に明星食品の協力を得て即席麺製造に進出。このころはまだ「威王」という社名であり、1979年に社名を味王に変更。同社は早くからベトナムに工場を建て国際的な製造拠点としているが、これが1992年のこと。1997年には東洋水産と提携している。

先日の訪台で味王の元気が無いと感じたが、それはあくまで即席麺に関してのこと。他にも色々と作っているので大丈夫だろう。

続きを読む No.7449 味王 (Taiwan) 香菇肉焿湯麵

No.7448 味丹企業 (Taiwan) 隨緣 素魷魚焿湯麵

No.7448は台湾の味丹企業、隨緣 素魷魚焿湯麵。隨緣は同社の素食(台湾流ベジタリアン向け食品)製品群。カップ版もある。本製品は素食の中でも一番厳しいランクの「全素」を標榜する。動物性材料のみならず、ネギ・ニンニク・生姜など五種類の指定香辛料、乳と卵製品も使用しないもの。

魷魚はイカ、焿はとろみ(台湾独自文字)。イカといってもベジタリアン向け食品なのでイカもどき、Artificial Cuttlefishである。アジア各国ではベジタリアン向け即席麺にそこそこの規模の市場があり、その中でも台湾は突出して出来の良い製品が多いと感じている。偽イカ味というのは今回が初めてだが、不安は無い。

続きを読む No.7448 味丹企業 (Taiwan) 隨緣 素魷魚焿湯麵

No.7447 MAMA (Thailand) Instant Noodles Shrimp Tom Yum Flavour

No.7447はタイのThai President Foods、MAMA Instant Noodles Shrimp Tom Yum Flavour。タイ語ではมาม่า บะหมี่กึ่งสำเร็จรูป รสต้มยำกุ้ง。

この製品は今まで何度も食べ、その度鋭く切れるような辛い刺激に涙と鼻水を垂らしながら歓喜したものだった。決して重厚な辛さではなくカミソリのような切れ味、格闘技ならフライ級、エンジンなら小排気量高回転のイメージ。同じ激辛即席麺といっても日本や韓国の製品とは一線を画す。

今回は12年ぶりの試食で、また心地良いけど涙と鼻水みまみれの試食になるのか、と身構えて臨んだ。

続きを読む No.7447 MAMA (Thailand) Instant Noodles Shrimp Tom Yum Flavour

No.7445 維力食品工業 (Taiwan) 維力辣炸醬麵(123克重量包)

No.7445は台湾の維力食品工業、維力辣炸醬麵(123克重量包)。同社の看板製品である維力炸醬麵の大盛り(123g)&辛い仕様。丼お湯入れ方式で麺を湯戻しし、湯切りしてソースと絡める汁なし麺。戻し湯を使い飲用のスープを作るのはマルちゃんやきそば弁当式。

標準の維力炸醬麵は質量90gで、今回の品の123gは約37%もの増量となる。なおこの辣(辛い)版に質量90gの標準版は存在しない。

私は維力炸醬麵に親近感を持っており、たまに食べたくなる時がある。強くて単調な味だけど、いつも飽きる寸前の丁度いい頃に食べ終わる。だがこれが37%増量ともなると飽きるゾーンに突入するのでは?という心配がある。

続きを読む No.7445 維力食品工業 (Taiwan) 維力辣炸醬麵(123克重量包)

No.7444 味丹企業 (Taiwan) 美味小舖 蔥燒牛肉湯麵

No.7444は台湾の味丹企業、美味小舖 蔥燒牛肉湯麵。15TWD(約70円)で購入した安価な製品。No.7400で姉妹品の海鮮湯麵を紹介している。

袋には「經典」「原味」重現との謳い文句が記されているが、これらは中国語の即席麺パッケージを眺めていると頻繁に遭遇する単語である(即席麺に限らないけど)。「經典」はクラシック、「原味」はオリジナルの味という意味。

まだ世の中にGoogle翻訳などのネットで日本語変換できる環境が無い頃、「經典」は仏教が関係している味か?とか、「原味」は草原で飼育した肉を素材に使ったものか?と勝手に妄想していたよ。

続きを読む No.7444 味丹企業 (Taiwan) 美味小舖 蔥燒牛肉湯麵