カテゴリー別アーカイブ: 20日本の袋麺

No.7543 まるや君が代 地酒らうめん 味噌

No.7543はまるや君が代、地酒らうめん 味噌。新潟県の会社。干し麺一筋、創業明治18年(1885)とのこと。15年前に姉妹品のアゴしょうゆ味を試食している。製品名に「地酒」という名を使うだけあって、麺に日本酒と酒粕が練り込んであるのが特徴。

▲昔の地酒らうめん(アゴしょうゆ、2009年)

今回の味噌味とアゴしょうゆ味の他に塩味がある。面白いのは袋の印刷はすべて共通で、表面にある味の表示はシールを貼付け。裏面の原材料名やJANコードなどはアゴしょうゆ味のものが印刷されており、味噌と塩はその上からシールを貼付けることで対処している。なんとも手工業的な造りであるが、たぶん味噌と塩は出荷量が少ないため、袋の印刷コストを抑える工夫だろう。

続きを読む No.7543 まるや君が代 地酒らうめん 味噌

No.7539 イオン トップバリュ ベストプライス 醤油ラーメン

No.7539はイオントップバリュ ベストプライス 醤油ラーメン。製造は日清食品で税抜価格は単品で68円、五個パックが298円。同じイオンのPB品で前回紹介したオールタイムヌードルの袋しょうゆラーメン(単品45円、五個パック208円)の上級商品という位置付け。

▲トップバリュ 醤油ラーメン(2019年)
製造は同じく日清食品で、単品が税抜40円

実は五年前にもトップバリュの醤油ラーメンを試食紹介しているのだが、今回はベストプライスというサブブランドが付き外観もJANコードも大きく変わっているので再度の試食を行った。まあオールタイムヌードルと比較する意図もあったし。しかし五年前のトップバリュは税抜価格が40円と、現在のオールタイムヌードルよりも安かったんだなあ。

続きを読む No.7539 イオン トップバリュ ベストプライス 醤油ラーメン

No.7538 イオン オールタイムヌードル しょうゆラーメン (袋)

No.7538は イオン オールタイムヌードル しょうゆラーメン (袋)。製造は三重県のつばめ食品(昔の北勢麺粉)で、ここは様々なブランドの揚げ麺を委託生産しており、日産21万食の製造キャパがあるとのこと。

イオンのプライベートブランド即席麺はお馴染みトップバリュのベストプライスが代表的であり、今回のオールタイムヌードルは序列的にその下位に当たるもの。袋麺単品での税抜価格はオールタイムが45円でトップバリュは68円、ほぼ1.5倍の差がある。

包装や流通などの費用を考えると売価45円で利益など出るのか?という素朴な疑問が湧くのだが、そこは日産21万食という圧倒的なスケールメリットで押し切るのだろう。

続きを読む No.7538 イオン オールタイムヌードル しょうゆラーメン (袋)

No.7535 日清ラ王 醤油 3食パック (袋)

No.7535は日清食品、日清ラ王 醤油 3食パック。袋のラ王醤油を食べるのは12年ぶり。昔のパッケージの方が上品で高級そうだな。

▲初代袋のラ王醤油(2012年)

今年三月に行なわれたリニューアルで、パック販売が五個から三個へ変更された。私個人としては五個パックの袋麺は購入を少し躊躇するが、三個パックだと心理的な障壁がうんと低くなり気軽に買い物カゴへ放り込める。最近は競合他社を含め三個パックの製品が増殖中だが、この流れの源は2020年に発売された「日清これ絶対うまいやつ」であり、中身を含めて実験的な意味合いが強い製品だなあと感じていた。それから四年を経て看板ブランドのラ王にも波及されるようになったんだなあと思うと感慨深い。

続きを読む No.7535 日清ラ王 醤油 3食パック (袋)

No.7534 イチカラ畑 イチカラそば

No.7534は新潟県のイチカラ畑、イチカラそば。無農薬で有機栽培を行うため一から畑を作った、というのが社名の由来らしい。即席麺は今回の品が唯一の製品。製造は埼玉県の高橋製麺。

作り方の説明を見ると、①丼お湯入れ方式、②鍋で麺をゆでてゆで汁でスープを溶く、③鍋で麺をゆでて湯切りを行ないスープは別途熱湯で溶く、の三方式に対応している。この3Wayマルチ対応の製品は初めて見るかもしれない。作り方がテキトーな海外の即席麺では①&②両対応という製品は結構あるが、③を含むものは覚えがない。(海外製品では①&②+そのまま食べる、というのは結構ある)三個買って全方式を試してみるべきだったな。

続きを読む No.7534 イチカラ畑 イチカラそば

No.7533 大黒食品工業 AKAGI 煮干し中華そば

No.7533は大黒食品工業、AKAGI 煮干し中華そば。2021年発売。

この製品のルーツであるAKAGI 中華そばは、当時の本庄食品(埼玉県、後にアカギに社名変更、その後大黒食品工業に統合)が1975年に発売した。小規模な本庄食品にしては大ヒット作といえる製品で東京や神奈川で普通に購入でき、学生の頃はよく食べたものだ。

当時はカップが橙色の硬質樹脂製で、外側に断熱と強度確保のためのリブが放射状に立てられ機能美を感じ、食べ終わった後にはお皿や小物入れとして重宝した。コストが高そうなカップだがその割に中身は貧弱で、いつの間にか一般的な発泡カップに変わっていた。一抹の寂しさを感じるな。

続きを読む No.7533 大黒食品工業 AKAGI 煮干し中華そば

No.7531 徳島製粉 金ちゃんラーメンカップ鶏しお

No.7531は徳島製粉、金ちゃんラーメンカップ鶏しお。同社の縦型カップ麺は現在「金ちゃんヌードル」と「金ちゃんラーメン」の二系統があり、金ちゃんに馴染みの薄い関東以北の人間にとってはこの二つのブランドの差は分かりにくい。前者は税抜希望小売価格が225円、後者は希望小売価格を設定しないオープン価格。実勢価格はヌードル>ラーメンで、明確な序列がある。

▲金ちゃんヌードル
見た目ではどちらが高級なのか判別が付かない。

徳島製粉の名を世に知らしめた袋麺をルーツとする金ちゃんラーメンが格下というのは納得いかない!という人もいるかもしれないが、今の若い人達は金ちゃんヌードルの方が知名度が高いだろうから仕方ないかな。外観デザインをみてもどちらが高そうかは判らないし。

続きを読む No.7531 徳島製粉 金ちゃんラーメンカップ鶏しお

No.7524 日本生活協同組合連合会 CO・OP 麺きわラーメン醤油

No.7524は日本生活協同組合連合会、CO・OP 麺きわラーメン醤油。製造は藤原製麺で、買い値は税抜118円。生協に行って数多くのCO・OPブランド即席麺が並ぶ中でこの製品を発見。藤原製麺のラーメンがこの価格で買えるというのは結構なお買い得なのでは!?と掘り出し物を見付けた気分になった。

CO・OP麺きわシリーズには醤油・味噌・塩のラーメンだけでなくざるそばがあるのが珍しい。これも藤原製麺製だが、同社の即席蕎麦というのはかつて一度だけ出会ったことがあるだけでとても珍しいものであり、そのうち試してみよう。

続きを読む No.7524 日本生活協同組合連合会 CO・OP 麺きわラーメン醤油

No.7522 ヤクルト本社 麵許皆伝 とんこつ味 博多風

No.7522はヤクルト本社、麵許皆伝 とんこつ味 博多風。麵許皆伝及びヤクルトラーメンで豚骨味を食べるのは今回が初めて。現行の麵許皆伝には他にソース焼そばが存在する(22年前に試食して以来ご無沙汰、直近の試食予定無し)。

ここ半年の間に紹介した麵許皆伝は全て篤志家からの寄贈だが、同社サイトでは一個当たり税抜110円となっている。これは最近の一般的な袋麺の136円よりは少し安い。一方で基本五個パックまたは箱単位(30個入)販売で、ヤクルト営業所へ発注するため購入の敷居が少し高い。

このような立ち位置のため、サッポロ一番やラ王や正麺とガチで比較され難いのか、世間の喧騒から外れた大らかさを感じるね。

続きを読む No.7522 ヤクルト本社 麵許皆伝 とんこつ味 博多風

No.7521 (袋)エースコック 豚キムチ味ラーメン

No.7521はエースコック、(袋)豚キムチ味ラーメン。豚キムチ味は同社が1993年3月発売のスーパーカップで掘り当てた金鉱脈ともいえる大ヒット作で、その後の勢力図を塗り替えるものだった。その豚キムチが遂に袋になって登場!こいつは嬉しい!

▲初期のスーパーカップ豚キムチラーメン
(年代不詳、登場時のものではない)

豚キムチに「味」が付いているのは、カップは具に豚肉が付いているのに対し、今回の袋版では省略されているから。なお乾燥キムチは付いている。

▲三個パックの状態

最近とみに増えてきた三個パックでの販売。これはウチのような動画撮影をしながら即席麺を作る身にはありがたい。三個あると「試食用」「撮影用」「予備」に役割分担ができ、確かな評価と良い映像が両立し易い。(五個パックは食べ切るのが大変)

続きを読む No.7521 (袋)エースコック 豚キムチ味ラーメン