No.7509 シジシージャパン CGC 旨みの一杯 醤油らーめん (製造は日清食品)

No.7509はシジシージャパン、CGC 旨みの一杯 醤油らーめん。製造は日清食品で、JANコードの業者項はシジシージャパンのもの。「シジシー」はあくまで会社の商号の読みであり、ブランド名は「シージーシー」と読むのが正しいらしい。なお税抜購入価格は109円。

▲シージーシーしょうゆラーメン(1982年)

シジシージャパンは地方に散在する小規模スーパー達が共同で出資し、仕入れや流通・製品開発を行うための企業。CGCブランドの即席麺はかなり昔から存在し、私が学生の頃ここの袋麺と遭遇した際に「これはいったい何者なんだ?」と首をひねったもの。ウチの試食記でCGCブランド製品を採り上げるのは19年ぶりで、感動の再会を果たしたよ。

食べてみて、基本部分がしっかりしており、脆弱な印象がない。約108円のスーパー系製品の中では前回No.7508のイオン、トップバリュのベストプライスと並び頭一つ抜きん出ている印象。これなら独りで食べても寂しい気持ちにはならないだろう。

この価格帯の揚げ麺としては珍しい湯戻し時間が四分。この一分余計に時間を掛ける設定としたことで、麺にしっかりと自立したような逞しさが授けられている。具のエビは省略されているが、謎肉が力強く主張しており寂しさは感じない。製品名がヌードルではなく「らーめん」なのも判る気がする。

もちろんスープも日清食品が手を抜かず全方位に気を配り作っているようで、突出する部分はないが、不足感のないものだ。誰にでも薦めやすい。(もちろん価格を考慮しての話)

麺は幅2mmの扁平断面で、細くてボリューム感に乏しいヌードルの麺。しかし湯戻し時間が四分と少し長く設定され、その分緻密な印象があり、脱力したようなだらしなさやひ弱な印象は同価格帯のプライベートブランド品ほど感じない。

スープは濁り感がある茶色で、マイルドな醤油味だが、後口がスッキリして軽め。豚の他に魚介系のうま味を感じる。特徴的な香りや辛い刺激はないが、特に物足りなさは感じないスープで、誰にでも薦めやすい。

具に海老は入っていないが、謎肉は味や香りや歯応えがキチンと出ていて、もの足りなさは感じない。ネギ多し。

国名 日本
ジャンル カップラーメン
EANコード 4 901870 174814
会社名 シジシージャパン
製品名 旨みの一杯 醤油らーめん (製造は日清食品)
謳い文句 チキンと魚介の旨みだし フタが止めやすいWタブ(開け口)
調理方法 熱湯4分
質量 内容量70g/麺60g
熱量 319kcal (1,336kJ)
Na(麺具+汁) ~g(食塩相当量2.0+2.7g)
付属品 なし。粉末スープ、かやく(味付豚ミンチ・なると・味付卵・ねぎ)は混込済
ノンフライ麺 ×
湯切り 不要
2mmの扁平、細くて量感に乏しいが、湯戻し四分なので緻密で締った印象、脆くない
汁・ソース 濁った茶色、マイルドでスッキリ、複雑で隙間がない、尖った部分はなく薦めやすい
具・その他 具はエビ無しだが謎肉が効果的で寂しくない、安価だが基本骨格がしっかりしている
総合評価 ★★☆2.5
試食日 2024/04/30
賞味期限 2024/05/05
入手方法 2024/02/21 やまか
税込購入価格 118 JPY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.